読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放射線を浴びて大丈夫ですか?

放射線を浴びて大丈夫ですか?」

このような質問は実際されることもたまにあります。

 

実際のところどうかと言うと「全然いくら浴びても何の問題もないから大丈夫!」

とはもちろんなりません。

 

放射線を浴びたからがんになったりしないか、子供に影響は出たりしないか?という不安を覚える人もいるでしょう。

しかし通常の放射線検査で使用される放射線量は、不妊や胎児の形態異常などの影響はもちろんのこと、白血病やがんの発生などの影響も考えられないほどの低い量で、放射線技師の管理のもとで検査が行われています。

 

今の時代放射線なしに医療は成り立たないと言ってもいいくらい医療の現場には浸透しています。決していいものとは言えない放射線を患者が直接受ける利益を目的に照射します。利益とは病気の早期発見や治療方針の決定、病気の経過観察などがあげられます。

 今現在も進行中で装置やモニターの技術が向上していて少ない線量で有益な画像を得られる技術が進歩しています。

そのためはっきりと数値でこのくらい浴びていますとは一概には言えませんが、検診などで受けた人も多い胸部X線検査では1回の撮影で施設などにより差はありますが約0.1mSvほどになります。

成人では100mSv以上と言われているので過剰に心配しなくても大丈夫だと思います過剰に心配しなくても大丈夫だと思います。