放射線を浴びて大丈夫ですか?

放射線を浴びて大丈夫ですか?」

このような質問は実際されることもたまにあります。

 

実際のところどうかと言うと「全然いくら浴びても何の問題もないから大丈夫!」

とはもちろんなりません。

 

放射線を浴びたからがんになったりしないか、子供に影響は出たりしないか?という不安を覚える人もいるでしょう。

しかし通常の放射線検査で使用される放射線量は、不妊や胎児の形態異常などの影響はもちろんのこと、白血病やがんの発生などの影響も考えられないほどの低い量で、放射線技師の管理のもとで検査が行われています。

 

今の時代放射線なしに医療は成り立たないと言ってもいいくらい医療の現場には浸透しています。決していいものとは言えない放射線を患者が直接受ける利益を目的に照射します。利益とは病気の早期発見や治療方針の決定、病気の経過観察などがあげられます。

 今現在も進行中で装置やモニターの技術が向上していて少ない線量で有益な画像を得られる技術が進歩しています。

そのためはっきりと数値でこのくらい浴びていますとは一概には言えませんが、検診などで受けた人も多い胸部X線検査では1回の撮影で施設などにより差はありますが約0.1mSvほどになります。

成人では100mSv以上と言われているので過剰に心配しなくても大丈夫だと思います過剰に心配しなくても大丈夫だと思います。

 

 

放射線について

放射線・・・正直イメージがいいとは言えませんね。チェルノブイリの事故とか、日本でいうと原爆とか東日本大地震福島原発の事故もあり結構敏感になっている人も多いかと思います。

そんなこともあったので仕方のない面はあるとは思いますが人によってかなり過剰に反応する人もたまにいます。

 

放射線って思っているよりも結構身近な存在です。ごくわずかではありますが宇宙とか食べ物とか自然から出ています。わかりやすい例でいうとラジウム温泉とかラドン温泉などでの自然放射線による被ばくがあります。

 

自然に受けている放射線の量は日本で年間約1.1msv(ラドンを除く)ほどで、国内でも住んでいる地域によって0.2msvほどの違いがあります。ラドンなどを含め人体は世界平均で年間約2.4㎡Svほど受けているとされています。

 

f:id:mattsu219:20170302143229p:plain

 「日本の環境放射能放射線」より

ここでは単位にSv(シーベルト)というものが使われています。原発のニュースなどでもこちらの単位で表されているのを目にすると思います。

 

Svとは放射線が人体に及ぼす影響を含めた線量です。

 

といってもなかなかピンと来ないと思いますので、こちらも耳にすることもあるBq(ベクレル)とGy(グレイ)という単位も使って雨に例えてみます。

 

空から降ってくる雨粒の数をBq。

 

体にあたって濡らした水の量をGy。

 

それによる影響をSv。

 

というように考えます。濡らした水の量が同じでも雨の強さだったり、濡れた場所により影響は異なります。放射線に関しても量(Gy)が同じでも、放射線の種類や強さによって放射線の種類や強さ・受けた場所によって人体への影響(Sv)は異なります。

 

 

 

自己紹介

こんにちはテシオです。

東北地方の病院で放射線技師をしています。

ここでは放射線に関する知識や、検査の話。病気や治療法の話など放射線技師の仕事の範囲外でも調べたりした知識などを発信していきたいなぁと思っています。
自分の勉強にもつながっていくので頑張りたいと思っているのでよろしくお願いします(^-^)

簡単な自己紹介ですが、34歳の男です。妻と子供3人の5人で暮らしています。あとオスのボーダーコリーも一緒です。(最初は世話を少し手伝うだけなはずがすっかり専属トレーナーに・・・)

お酒大好き(とりあえずビール)!!今は勤務の形態上3日に1回は強制的に休肝日なのでちょっとつらい(+_+)

サッカーも好きで、最近はなかなか体を動かせていないですが、試合をみたりネットで情報を集めたりして過ごしています。本を読むのも好きでコミック読むほうが多いですが小説や自己啓発、ビジネス書なども読んでいます。

前はふらっとドライブしたり食べ歩き飲み歩きしていましたが今は子供も小さいしあまりしていません(ー_ー)!!

そんな感じですがどうぞよろしくお願いします。